株式会社 北川鉄工所【地上式消火栓・地下式消火栓】

消火栓・関連製品についてのお問い合せはTEL.0749-22-2932
工場案内発展の歩み採用情報消火栓のトップブランド・北川鉄工所
打倒式性能試験の様子
北川鉄工所製の消火栓の特長 消火栓等の製品案内 消火栓のメンテナンス 会社概要 消火栓の納入実績 お問い合わせ


製品の特徴

| K-SG塗装 | 点滅暗部 |  消火栓用ポール・標識板 |
| 地上式消火栓 | スタンドパイプ付地下式消火栓 | 水道用地下式消火栓エアー抜弁付(排気弁付) |
| コンビナート用給水消火栓 | 放水銃 | 屋外格納箱型消火栓 |


K-SG塗装

防錆・対塩害塗装

K-SG塗装は、送電線や橋の欄干等に使われている特殊合金の金属表面処理の上に、耐候性フッ素樹脂塗装を施した、防錆・対塩害性を誇る業界初のオリジナル塗装です。

K-SG塗装(53Kll)
K-SG塗装


K-SG塗装の特徴

キレイ
数々の製作工程を経て、光沢美と美艶のある外装を実現しました。

サビに強い
金属表面処理及びフッ素樹脂塗装は高い耐蝕性を有しており、また、たとえ傷が付いても金属表面処理の犠牲防食作用により、赤錆の発生を抑えます。

撥水性に優れ、色あせに強い
フッ素樹脂塗装を施しているので撥水性、対薬品制に優れ、また塗料の弱点である直射日光(紫外線)にも強いため、長期間の美観を保ち続けます。

補修が容易
リコート性に優れ、損傷部などの補修が容易にできます。

水質の安全性
内面塗装は、水道管にも使用されている水道用エポキシ樹脂粉体塗装を施し、水質の安全に配慮しています。緊急時の飲料水拠点としても安心してご利用いただけます。

高コストパフォーマンス
従来の塗装と同程度の価格で、大幅にパフォーマンス向上。※特殊色につきましては、標準価格と異なりますのでご相談下さい。


地上式消火栓一覧へ

 


カラーバリエーション

塗装の色につきましては、赤色のほか、グレー色、茶色、オレンジ色、黄色、青色等も可能です。 カラーバリエーション



耐久テスト

塩水噴霧試験 通常の溶融亜鉛めっき(80μm)が500〜1,000時間で赤錆が発生したのに対して、特殊合金表面処理は10,000時間経過後も赤錆の発生がなく、10倍以上の高い耐食性が確認されました。

耐久テスト結果

大気暴露試験

▲UP




点滅暗部
点滅暗部は、昼間は太陽電池によりバッテリーを充電しておき、夜間に点滅させる地上式消火栓補助部品です。
消火栓本体に取り付けるタイプポールに取り付けるタイプの2種類製作しております。

ソーラーLEDポイントライト
赤色発光点滅により、夜間でも消火栓位置が確認できるので、消火活動が迅速に行えます。また、自動車などの衝突防止にも効果があります。

抜群の性能
適応温度-40度〜70度
防水規格IP67
(防塵6級・防水7級)
衝撃に強いアルミ合金、傷がつきにくいポリカーボネイトを使用しております。

配線不要・メンテナンスフリー
使用環境によっても異なりますが、半永久的に充電可能な特殊キャパシタを使用しています。

北川消火栓に対応
既に敷設されている当社製消火栓にも取付可能です。



消火栓用ポール・標識板

非常時に消火栓等の位置がわからなければ、せっかく消火栓が据え付けてあっても役にたちません。とくに積雪の多い地方では、降雪に消火栓が埋もれてしまいます。
そんな時に役にたつのが北川消火栓の消火栓用ポール・標識板です。

※標識板のサイズはφ400mm、ポールの高さは約2.3mです。
 (型式によって多少異なります)
※ポールは、鋼製(表面処理:SGめっき)とSUS304製の2種類を制作しております。
※標準タイプは、T、K、A、B、WA、多雪型シリーズに取付可能です。

当社製消火栓はもとより、他社製品にも利用が可能な、「消火栓用ポール・標識板(自在バンドタイプ)」もございます。

自在バンド

点滅暗部・消火栓用ポール・標識板の取付図

地上式消火栓 ポール・標識板付
▲UP



北川消火栓の特徴

内部の水抜き、容易な修理・復元ができます

北川消火栓は、いざという時の火災にいつでも迅速に完全な機能を発揮するように数々の工夫が施されています。寒冷地などにおける凍結を防止する排水装置付や放水口が360度回転する回転式のもの、自動車などの衝突による地下管への破損を食い止める打倒式、地下埋設部を掘りおこさなくても弁の修理・かさ上げ等ができる弁体引抜式、断水をしなくても補修・交換・かさ上げ等ができる副弁付など消火一筋に積み重ねたメカニックが活かされてます。アフターサービスにおいても共通部品による互換性の拡大迅速な部品供給体制を整えています。

地上式単口消火栓 No.53Kllの特徴
→地上式消火栓の一覧

地上式単口消火栓 No.53Kll (写真は内外面粉体塗装のオプション付です。)

強制多排水装置

回転式

打倒式

副弁付

弁体引抜式

K-SG塗装

オプション

ポール・標識板

点滅暗部

空気弁

KF塗装

粉体塗装

内外面粉体塗装

エアー抜き
排水装置

縦型副弁

放水口変更



地上式双口消火栓の特長

放水口補助弁付
   

 「北川消火栓:地上式消火栓のご案内」を動画でご覧いただけます!
「北川消火栓:地上式消火栓のご案内」を動画

■ブロードバンド環境推薦
ムービーをご覧いただくには、Windows Media Player9または10以降が必要です。下記より最新版(無料)をダウンロードしてご利用ください。Mac(OSX)で動画を見る場合には、Safari+Windows Media Player9の環境が必要です。

WMP

▲UP



スタンドパイプ付き水道用地下式消火栓 KT800-100Kの特徴
→スタンドパイプ付地下式消火栓の一覧

スタンドパイプ付地下式消火栓は、地上式の操作性に地下式の利便性をプラスしたタイプの消火栓です。
スタンドパイプ付き水道用地下式消火栓 KT800-100K

自動排水装置

改良型口金キャップ

オプション

空気弁

放水口変更

●スタンドパイプ付
●キャップ式補修弁(FCD450製、内外面粉体塗装)付

※空気弁付も製作しております。

KT800

スタンドパイプ式消火栓の操作手順

操作手順 1

操作手順 2

操作手順 3
操作手順 1
取っ手を引き上げる
操作手順 2
完全に引き上げた後、ロックレバーをたおしスタンドを固定する。
 
操作手順 3
スタンドパイプ固定後、口金キャップを外し、ホースを接続する。

▲UP


水道用地下式単口消火栓 KT610-100H(排気弁付)の特徴
→地下式消火栓の一覧

水道用地下式消火栓(単口) KT610-100H(排気弁付)  


水道用地下式消火栓(単口)【補修弁・エアー抜弁付(排気弁付)】KT510F-100H

改良型口金キャップ
   

オプション

自動排水装置
   


●JWWA B103準拠品
●ステンレス製
●メンテナンス性に優れた
 エアー抜弁付(排気弁付)
●軽量コンパクト
 【消火栓】
 重さ:約14kg
 高さ:約230mm x 幅:約280mm
 【補修弁】
 重さ:約13kg
 高さ:100mm
●レバー式補修弁 JWWA B126
(FCD450製、内外面粉体塗装)付

※キャップ式補修弁付(KT610F-100K)も製作しております。
※自動排水弁付も製作しております。

▲UP


コンビナート用給水消火栓 No.901の特徴
→コンビナート用給水消火栓の一覧

コンビナート用給水消火栓 No.901

地上式消火栓(開閉ハンドル20□シリーズ)も製作しております。

●口金の形状は差込式オス、消防ネジ式オス、消防ネジ式メスから選択できます。口金の材質は青銅製が標準ですが、オプションでステンレス製も製作しております。
●口金の形状が差込式オスにつきましては減圧弁付も製作しております。
●鋳型文字は「給水栓」等、指定のものに変更可能です。
●補助弁が本体と分割できるので、補助弁のみの交換が可能です。

オプション

K-SG塗装
   

コンビナート用給水消火栓 No.901丸ハンドル仕様

▲UP


放水銃の特徴
→放水銃の一覧

ギアー式放水銃 写真はギアー式放水銃  

枝管消火栓弁

排水装置

副弁付

弁体引抜式

内外面粉体塗装
 



※世界遺産の「日光東照宮」等の改修工事で、北川製の放水銃及び消火栓が全面的に採用されました。

日光東照宮

▲UP



屋外格納箱型消火栓(不凍式)の特徴
→屋外格納箱型消火栓の一覧

屋外格納箱型消火栓

屋外格納箱型消火栓(赤色)
(赤色)

排水装置
排水装置がついており、残水による凍結破損の心配がありません。

不凍式消火栓ユニット(HY001) 不凍式消火栓ユニット(HY002)
不凍式消火栓ユニット
(HY001)
不凍式消火栓ユニット
(HY002)



格納箱の色
格納箱の塗装色につきましては、赤色のほか茶色等景観にあった色に変更可能です。

屋外格納箱型消火栓設置写真
写真:茨城県桜川市

※紹介している製品以外にも、お客様のご要望に応じた柔軟な対応が可能ですので、お問い合せ下さいませ。

屋外ホース格納箱も製作しております。

▲UP


北川消火栓の特徴一覧ページ


▲UP
 
Copyright ©, KITAGAWA IRONWORKS CO,LTD. All rights reserved.
Contact Us At E-Mail:info@k-fh.co.jp